(S)RC+CLTハイブリット工法,壁,床,      WenlockCrossイギリス

建物の概要

用途集合住宅
階数10
高さ(m)33
CLT使用量(m³)1,300
構造・工法RC造(1階、EVシャフト)+S造(柱、梁)+木造(床、壁)
延べ床面積(m²)6,750
建物の2層ごとにフロアの角度をずらして設計された集合住宅。
フロアーをずらし積上げることで、戸数と開放面積が増える。

CLTの仕様

部位寸法/ラミナ構成/強度区分/樹種
下階:200mm厚/上階:100mm厚
100mm厚
RC造のコアシャフトと、フロアーをずらした事で必要となった鉄骨柱梁とCLTを使用した構造となっている。