CLTパネル工法,床,      オフィス増床スウェーデン

効率を重視し、下層のオフィス・事務所棟を先に完成させOPEN、その後に上層の住宅棟部を完成させる計画。

建物の概要

用途オフィス増床
建設地ウメオ
階数3
構造・工法木造
延べ床面積(m²)1,000
日照も考慮した窓の位置・大きさも検討。建物は地下水を汲み上げ熱変換を行い寒・暖用の2本のヒーティングパイプによる熱循環により増築後の方がエネルギー効率は良くなっている。
補強Sとユニット間は断熱材。
使用箇所や硬さに合わせ10種/色で分けられ使用されている。

CLTの仕様

部位寸法/ラミナ構成/強度区分/樹種
既存3F-RC造にCLT3Fを増棟。
既存、増棟による検討には重量の要素も大きくCLT造の場合RCと比較し1/5の重量で済む事から既存への負担が少ない。
下層3FまではS+RC造のオフィス及びショッピングモール棟と住宅部の構造はCLT+補強S。